不動産問題

よくある不動産問題に関するお悩み

  • 賃借人が立ち退いてくれない。
  • 新築で家を建てているのだが,基礎工事に疑問がある
  • 大家から立ち退きを言い渡されたが,退去したくない

不動産問題に関して弁護士に依頼するメリット

大家さんと居住者のトラブルは,個人同士での解決が非常に難しいです。直接交渉するのが嫌だという大家さんもいますし,いざ交渉してもお互い妥協しないため解決策が見つからないという話をよく聞きます。

 

弁護士が第三者として入ることで,法的な観点からお互いの折衷案を見つけ,解決に導くことができます。

売買・賃貸契約書に関する相談事例

賃貸契約を結びたいので契約書を作ってほしい

 

不動産問題では、大家さんからの依頼がとても多いです。管理会社を利用していてもあまり頼りにならず、自分ですべて行っている方がよく相談にきます。このケースのときは、明渡しのときに問題が起こらないような契約書を作りたいという依頼でした。賃借人とのトラブルを防止するために、弁護士が契約書を作ることは非常に効果的です。

賃料未払いに関する相談事例

賃借人が荷物を置いて出ていってしまった

 

依頼者はアパートを経営する大家さんです。家賃未払いが続く賃借人がいたため退去をお願いしたところ、荷物を置いて出ていってしまったという案件でした。部屋にある荷物は賃借人に所有権があるため、勝手に処分することができず困っていました。

 

そのため弁護士が戸籍や実家、職場などからその人の居場所を探し出し、荷物を処分してもいいという承諾をとりました。大家さんの中には処分できずに、トランクルームなどで保管をしている方も多いので、お困りの方はご相談ください。

 

賃借人に退去して欲しいのに、出ていってくれない

 

すでに取り壊しを決めたアパートから、賃借人が出ていってくれないという大家さんからの相談でした。家賃を滞納している賃借人たちには、弁護士が代理人として訪れ、明渡しの交渉を行いました。家賃を払っているので出ていきたくないという賃借人には、解約や転居費用の一部負担などを条件に、退去してもらえるように交渉をしました。

Q&A

養育費などで,算定表がそのまま適用されず,変動する場合の事例を教えてください。
一例としては,給与が増えた・減った,再婚により新しい扶養家族が加わったなどです。いずれにしても,外的な要因により「やむなく変動が起きた」という事実が求められます。
相手側が養育費の約束を守らず,支払いが滞っています。どうすれば良いでしょうか?
減額などの相談を受けず,一方的に支払いを止めてきた場合は,裁判手続きにより,相手方の給与などを差押えることができます。
自分で裁判手続きを利用しようと考えているのですが,何に注意すれば良いでしょう?
日本の場合,離婚に関する係争は,必ず調停を挟むことになっています。一足飛びに裁判を利用することはできません。調停委員へのアピールも必要なため,まず弁護士へご相談いただいたほうが,確実ではないでしょうか。
養育費などで,算定表がそのまま適用されず,変動する場合の事例を教えてください。
一例としては,給与が増えた・減った,再婚により新しい扶養家族が加わったなどです。いずれにしても,外的な要因により「やむなく変動が起きた」という事実が求められます。