成年後見問題

成年後見制度とは

認知症等により判断能力が減衰した方(被後見人)のために,第三者(後見人)が代わりに財産管理等を行う制度です。

 

利用できる成年後見制度は,判断能力が減衰する前か後かで,任意後見と法定後見のふたつに分かれます。
任意後見は,将来の判断能力の減衰に備え,ご本人と任意後見人予定者との間で財産管理等についてあらかじめ決めておく契約です。任意後見契約は,公正証書によって作成し,法務局で登記をします。将来,ご本人の判断能力が減衰した際,任意後見人は,家庭裁判所が選任した任意後見監督人の監督の下で財産管理等を行います。
法定後見は,ご本人(被成年後見人)の判断能力が十分ではないため,財産管理等を行う成年後見人を家庭裁判所において選任する制度です。成年後見人は,家庭裁判所の一定の監督の下で財産管理等を行います。一般的に,「後見」というと,法定後見を指します。

 

また,後見のほか,ご本人の判断能力の程度などによっては,「保佐」「補助」といった財産管理制度も利用可能です。

よくある成年後見問題についてのお悩み

  • 母親が高額な商品をいくつも購入し,注意しても繰り返している。
  • 父親と同居している次女が,父親の預金を勝手に使い込んでいるようなので何とかしたい。

成年後見制度について弁護士に依頼するメリット

成年後見制度がどのレベルで必要かという判断は,基本的に医師が行います。診断を受け,実際に制度を利用しようと思ったときに,対象者の財産についてすべて把握しているご家族は意外と少ないです。

 

弁護士は対象となった方の財産調査をはじめ,今後の手続きについてアドバイスを行います。銀行口座の開示をはじめ,不動産,保険など,すべての財産を把握することは意外と大変です。また成年後見制度は,制度の内容が複雑なためトラブルも非常に多いです。ぜひ専門家に相談することをおすすめします。

 

また,成年後見人を弁護士に委任することもできます。

成年後見制度に対する相談事例

成年後見人である弟が財産を使いこんでいる

 

依頼者は病気で後見人制度を利用している父を持つ息子でした。後見人になっているのは依頼者の弟だったのですが、「弟が父の財産を使いこんでいるようなので調査して欲しい」というものでした。

 

銀行口座の開示手続きなどを行い調べたところ、後見人が5~6年に渡り、財産を大きく使っていることが判明。そのため依頼者から成年後見人を変更したいとの相談を受け、別の弁護士に成年後見人をお願いすることとなりました。

 

知的障害を持つ息子に、成年後見人をつけたい

 

知的障害のある息子を持つ親からの依頼でした。気がつくと、息子のクレジットカード利用によって多額の借金ができていました。そのため今後は後見人をつけて、しっかりとお金の使い方を管理したいのだが、どうしたらいいのかという相談でした。

 

医師の判断により後見人ではなく、財産管理をサポートする保佐人をつけることとなりました。保佐人には父親がなることとなったため、そのための法的手続きなどを行いました。

Q&A

養育費などで,算定表がそのまま適用されず,変動する場合の事例を教えてください。
一例としては,給与が増えた・減った,再婚により新しい扶養家族が加わったなどです。いずれにしても,外的な要因により「やむなく変動が起きた」という事実が求められます。
相手側が養育費の約束を守らず,支払いが滞っています。どうすれば良いでしょうか?
減額などの相談を受けず,一方的に支払いを止めてきた場合は,裁判手続きにより,相手方の給与などを差押えることができます。
自分で裁判手続きを利用しようと考えているのですが,何に注意すれば良いでしょう?
日本の場合,離婚に関する係争は,必ず調停を挟むことになっています。一足飛びに裁判を利用することはできません。調停委員へのアピールも必要なため,まず弁護士へご相談いただいたほうが,確実ではないでしょうか。
養育費などで,算定表がそのまま適用されず,変動する場合の事例を教えてください。
一例としては,給与が増えた・減った,再婚により新しい扶養家族が加わったなどです。いずれにしても,外的な要因により「やむなく変動が起きた」という事実が求められます。